Home アメリカ生活

真夏のアメリカでエアコンが故障! 新品はお値段3,000ドル(35万円)に泣く

シカゴで家を購入して2年。

なんと家のエアコンがこの真夏に壊れました。

アメリカはセントラルヒーティングで家じゅうが、夏も冬も全て快適な温度だけど、エアコンが壊れると、一つも涼しい部屋がなくなってしまう。

これは困る。

そして、新しいエアコンはなんと3,000ドル(35万円)。

高い!! どうしよう?!

Home Depotとかのホームセンターや、エアコン業者のホームページ、価格サイトも見たけれど、やっぱり3,000ドルからが基本的なお値段。

家を購入した時点で、すでにエアコンは15年選手だったので、5~10年くらいで壊れると覚悟していたけど、まさかの2年で故障。

アメリカ人の友人達の家のエアコンは20-30年たってもちゃんと動いているのに、なぜ我が家だけ壊れる??

かなり、痛い出費です。

スポンサーリンク



何とか修理出来ないかといろいろ調べていくと、冷却液の液漏れや部品の故障なら、350ドル(約4万円)で修理できるケースが多いことが判明!

早速、ホームページで地元エアコン業者で信頼できそうなところを探す。

何社かを業者ホームページ+BBB(Better Business Bureau) で調べて、地元で50年の実績があるAllied Air Conditioning & Heating Corp. に決定。

 

朝の8時に電話をすると、12:00から17:00の間に家に来られるとのこと。

さすが、アメリカ。時間の割り当てがアバウトで長い!

まあ、こちらもアメリカに住んで5年でさすがに慣れたので、業者が来る前に携帯電話に連絡をもらうことにして、会社へ出勤。

業者は12:30に我が家へ登場。

 

HAVCや室外機をチェックし、部品が壊れていることが判明。

さらに、冷却液が80%しかなかった。

テクニシャンに部品交換と冷却液の補充をしてもらって、修理は完了。

合計、320ドルでした。

きちんと、修理のオプションと見積もりを修理する前に提示してもらえたし、丁寧な業者でよかった。

Allied Air Conditioning & Heating Corp.、おすすめです。

だてに50年も、営業してないですね。

BBBの評価もA+でした。

BBBは消費者庁みたいなアメリカの組織で、いろいろ会社の顧客サービスを評価しているところです。

顧客評価やクレーム対応などの指標をもとに、業者をランク付けしてくれています。

過去の顧客によるレポートや業者の対応もチェックできます。

 

最後に、Allied Air Conditioning & Heating Corpのテクニシャンからアドバイスをもらいました。

彼いわく、「そろそろ寿命だから、また壊れたり、冷却液がもれたりしていたら新しいエアコンを買ったほうが良い。」そうです。

すでに、我が家のエアコン機種は生産中止になっているので、今後、交換部品や冷却液の値段が上がっていくらしいです。

でも、私は壊れるまでは使い続けますよ(笑)

この記事が役に立った、おもしろいと思ったら、下のFacebookやTwitterのボタンを押してくださいね!記事を書く励みになります。

Twitter(ツイッター)で旅行やアメリカ生活、バイリンガル子育てや日本社会について思うことなども、書いてます。

アドレスは@maemaechicagoですので、こちらも読んでくださいね。

この記事を読んでくれた人におすすめの記事
シカゴで停電!1ヶ月で3度も停電するってどゆこと?

キッチンディスポーザーの反乱をついに鎮圧! -キッチンディスポーザーに流してはいけない17のもの -

メリカに住んでおどろいたこと。Why American People? と叫ぶ日々!-Part 1アメリカ高額医療費編-

関連記事

-Home, アメリカ生活
-, , , , , ,