Home アメリカ学校/教育 バイリンガル子育て 英語子育て

ギフテッド専門の小学校オープンハウスに参加&驚きのお値段

才能教育のさかんなアメリカ

「下克上受験」のドラマが日本では人気だったみたいですね。
今頃は、新6年生が来年の中学受験に向けて、勉強をがんばっているかと思います。

日本の中学受験、大変ですよね。

関連記事はこちら。
ドラマ「下剋上受験」と「遺伝」斉藤和義【動画】

でも、アメリカも実はかなりの学歴社会なので、競争がかなり激しく大変です。

初任給も、どの大学を卒業したかや、専攻によって年収が何百万円も違います。

アメリカは、一般的には中学受験や高校受験は存在せず、そのまま地元の公立学校に通います。

しかし、ハーバードやMITなどの生徒の多くは、プレップスクールも含め、私立高校出身者が多いのが現実。

私立学校には入試があり、また課外活動も評価の対象です。

そして、いくら親が学校に寄付金をしているとか、身内に卒業生がいるとかも評価の対象だったりします。

レガシー枠ってやつです。

身も蓋もない言い方をすれば、お金持ちに有利な学校システムになっています。

特にプレップスクールなんかは、とても普通の会社員では支払える授業料ではありません。

子どもがもの凄く優秀であれば、返済無用の奨学金がもらえたりはしますけど・・・

日本からの留学生の場合は、奨学金をだしてくれる学校や団体がいくつかあります。

最近だと、ソフトバンクの孫正義さんが奨学金制度を立ち上げましたね。

出典: The Page

安心のサポート体制、選ばれる理由!子供英会話リップルキッズパーク

 

ギフテッド向け小学校のオープンハウス

アメリカのトップ層の授業はどんなものか興味があるので、私は昨日ギフテッド向け小学校のオープンハウスに行ってきました。

Quest Academyという学校です。幼稚園から中学校(8年生)まであります。

卒業生がハーバードなどのアイビーリーグやMIT、スタンフォードに入学している学校。

1年生クラスの担任と1時間ほど話をしたのですが、説明も理路整然としているし、教育に熱意と情熱を持って取り組んでいるのが伝わってきました。

さんすうや国語(英語)は1学年上の内容を学ぶそうです。

2年生からは、能力に応じて、2-3学年上の内容を学ぶことも可能。

社会、理科、エンジニアリングなどの授業は1年生から専門の先生が教えるとのこと。

 

さらに、プログラミングの授業も1年生から行います。

Tynkerというソフトウェアを使用するようです。

実際に子ども達がTynkerで作ったプロジェクトを見ましたが、とても1年生が作ったとは思えないほどのクォリティでした。

 

STEMやプログラミングにも1年生から取り組んでいて、とても素晴らしかったのですが、授業料が高い!

1年間で2万ドル(220万円)。1年生から8年生まで通うと、1,760万円。

田舎なら、家が買える値段です。

とても私達に支払える金額ではありません。

さんすうは娘も1学年上の問題を解いているので、レベル的にはちょうど良いんですけどね・・・

お金に余裕の無い我が家は、家で同じような内容を子どもとやることにしました。

どこまで出来るかはわかりませんが、プログラミングはHour of Code やScratch(スクラッチ)を使えば、なんとかなる気がします。

Quest Academyの先生によると、「フェイスブックやツイッターなどのSNSで、授業内容などを公開している」らしいので、SNSをフォローして、私達が似た環境を娘に用意しようと考え中です。

なんか、コバンザメみたいだな・・・

まあでも、お金がないのはどうしようもないので、自分たちに出来ることをコツコツとやっていくしかないですね。

 

アメリカは学校の選択肢はたくさんあるけど、私立の学校はどこもかなりお値段が高いので、びっくりです。

日本も、アメリカも優れた学習環境を求めるとなかなか親も大変ですよね。

この記事が役に立った、おもしろいと思ったら、下のFacebookやTwitterのボタンを押してくださいね!記事を書く励みになります。
会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」

おすすめ記事
子供の夢や目標を育てる! 子供が好きな伝記本の見つけ方

アメリカ小学校サイエンスフェアに参加してみた! Chemical Showで大笑い

IT女子を育てたいアメリカ- Teaching Girls to Code

関連記事

-Home, アメリカ学校/教育, バイリンガル子育て, 英語子育て
-, , , , , , , , , , , ,