Home バイリンガル子育て 習い事 英語子育て

6歳娘、サッカークラスで男子に2回もノックアウトされる

波乱万丈のサッカークラス

先週末でサッカー冬クラスシーズン2も無事に終了。

今期は親として、かなり心配させられたシーズンでした。

そもそも、20人のメンバーのうち、女の子は娘ともう1人だけ。男の子グループの中で、上手くやっていけるのか心配でした。

秋クラスは男女別チームなんですけど、冬クラスは男女混合チーム。サッカー上達には男女一緒のほうが、娘には良いと思います。メンタル的に萎縮しないかは心配でしたけど。

娘は、なんの問題もなくみんなとサッカーを楽しんでいたので良かったです。

なんと、落ち着きがなく、コーチのいうことを聞いていない男子に、娘が指示をだすこともよくしていました。

 

娘がノックアウト&ダウンを2回もさせられる

順調に進んできたサーカークラスも残り3回となったとき、事件が発生。

なんと、娘が男の子に2週連続でノックアウトされてしまいます。

1回目は試合中、娘がこぼれ玉を拾ってドリブル中に、味方の男の子が後ろから娘に体当たりをしてしまい、胸から床に叩きつけられました。

視覚の外から体を当てられて転んだので、かなりの衝撃だったと思います。

私も心配になりましたが、ここはコーチが上手く娘をなだめてくださり、5分後にはゲームに無事に戻れました。

もっと衝撃だったのが、2回目です。

1対1の練習中に、ボールがこぼれて待機中のチームメンバーの足元へ。

子どもがボールを蹴り返そうとしたところ、予想外にキレイなライナーで蹴り返してしまい、娘の顔面を直撃しました。

ボクシングのノックアウトシーンのような倒れ方を娘がしたので、私はかなり心配になり、すぐにコートに入って、状態を確認しました。

幸い、顔が少しはれただけで頭や脳にもダメージがなさそうで、一安心。

何人ものコーチが娘を心配して、暖かい声をかけていただきました。

ずっと泣いていましたが、最後に1分だけ、コーチの優しい声がけによりゲームに参加することが出来た娘。

たくさんの保護者のかたがたにも、娘はとても優しい声をかけていただきました。

アメリカのこういうところ、大好きです。

2回とも、相手の男の子もわざとでないのは明らかだったので、娘には「サッカーではこういうこともある」と話しました(娘が精神的に落ち着いてから)。

6歳児なので、まだまだみんな自分の体を上手くコントロールできないんですね。

正直、最初の衝突は娘の足が速ければ、回避できたはず。娘には「一緒に速く走る練習をしようね」と伝えました。

娘も、みんなに温かい言葉をかけられたおかげで、サッカー嫌いになることもなく、最終日も元気に楽しく、練習&試合に参加できました。

2回もノックダウンされる事件があったので、恐怖心があったとは思いますが、倒されても負けずに向かっていく娘に、成長を感じます。

グリット(やり抜く力)がついてきたかな。

今回はゴールキーパーにも挑戦したり、ラダートレーニングにも初挑戦と、盛りだくさんの冬クラスでした。

4月からは、いよいよ芝のグランドでサッカーです。

シカゴの長い冬もそろそろ終わりです。

私はこれから仕事が一番忙しい時期に入りますが・・・

はやく夏にならないかな。

この記事が役に立った、おもしろいと思ったら、下のFacebookやTwitterのボタンを押してくださいね!記事を書く励みになります。

おすすめ記事はこちら。
子供の習い事 伸び悩むときに親が出来ること

サッカー好き必見!メッシとクリスティアーノ・ロナウドで学ぶ英語

サッカーで英語を学ぼう! サッカー好きにおすすめの英語絵本

関連記事

-Home, バイリンガル子育て, 習い事, 英語子育て
-, , , , , , ,