Home アメリカ生活

アメリカ地元スポーツ愛の強さに圧倒される@シカゴ

シカゴはスポーツ狂の街?!

シカゴカブスの優勝パレードには500万人もの人が参加しました。

広島カープ優勝パレードの参加人数は30万人。

カブスのパレード参加者は広島カープの15倍以上。カブス凄いですね。

カブス優勝時の街の熱狂ぶりはこちらのブログを読んでください。
シカゴカブス優勝パレード! 狂乱のシカゴスポーツ用品店は深夜から長蛇の列

シカゴカブス川崎宗徳に学ぶ! 逆境を笑う力

シカゴに住んでいると、本当にアメリカ人はスポーツが好きなんだなと感じます。

アメリカのスポーツ熱はスゴイです。

 

6歳になるうちの娘がキンダーガーデン(小学校)本読みの宿題ごほうびとして、地元高校生のバスケットボール試合タダ券をもらってきました。

対戦相手は同じ市にある、隣の高校チーム。

超ローカルのリーグ戦です。

私も初めて高校生のバスケットボールを見に行きましたが、たかが高校生レベルの試合に300人くらい見にきていてビックリです。

チケットは有料ですよ!

しかも、Tシャツなど地元高校のロゴ入りグッズも売っていました。

「誰がこんなの買うんだ?」と思ってましたけど、バカ売れなんですねコレが。

さらには、ちゃんとアナウンサーがいて、選手入場のアナウンスなんかもやっていました。

もちろん、チアリーダも応援していて、歌ったり、踊ったりしています。

アメリカのスポーツ熱、恐るべし。

アメリカ大学スポーツ奨学金

アメリカは大学も、スポーツができると、豊富な返済不要の奨学金がもらえる学校が多いです。

私の会社で、大学生の娘さんがいるアメリカ人の先輩に聞いたら、

奨学金の金額が大きいスポーツは、男子はフットボール、バスケットボール、野球。

女子はゴルフ、バスケットボール、サッカーだそうです。

なるほど。これは良いことを聞きました。

娘はサッカーをしているので、少しは希望があるかも。

上記のスポーツなら、飛びぬけて優秀でなくても、少しはスポーツ奨学金がでるケースが多いみたいです。

サッカーに関するブログはこちら
スポーツは人種を超える。サッカーでアメリカを一つに!

サッカー冬クラス蹴り納め かんたんに子供の足を速くするコツ!

そういえば、スターバックス創業者ハワード・シュルツ(Howard Schultz)も「実家が貧乏で大学費用を払えそうになかったけど、フットボール奨学金のおかげで大学を卒業出来た」と、自叙伝スターバックス成功物語でいっていましたね。

スターバックス成功物語

スターバックス成功物語

posted with amazlet at 17.03.08
ハワード シュルツ ドリー・ジョーンズ ヤング
日経BP社
売り上げランキング: 12,244

 

費用がバカ高いアメリカの大学だけれども、スポーツが出来る人間にとってはチャンスが大きい現実があります。

システムとして良いのか、悪いのかはわかりませんが、スポーツが得意な子どもたちには、間違いなく日本よりも大学にいくチャンスが開かれています。

スポーツ奨学金が豊富な理由が、フットーボールなどの人気スポーツが強いと、大学に入る収入が増加するからというのが、またアメリカらしいですね。

経済合理的ではあります。

 

まあ、日本の高校野球も似たようなものかもしれませんけど。

アメリカの大学の場合は動く金額の桁が違います!

とりあえず我が家も、サッカー奨学金を目指してサッカーをがんばってみようかな。

この記事が役に立った、おもしろいと思ったら、下のFacebookやTwitterのボタンを押してくださいね!記事を書く励みになります。

関連記事

-Home, アメリカ生活
-, , , , , , , , ,