Home その他 バイリンガル子育て プロフィール

人生のレールにのれなかった人

成功のレールに乗りそこなったらどうなる?

普段、よく読ませてもらっているブログで、「親がこうあるべきというレールから外れると劣等感を感じてしまう。」という話がありました。

その時に思ったのが、「いろんな人がいて、人生はいろいろあるな」です。

私は「人生のレール」に乗れなくて、劣等感を感じたタイプです。

もっと正確にいうと、「人生の成功のレール」にまったく乗れなかったし、そんなレールの存在も知らなかった。

まったく親のレールがなかったので、親にレールを少しでもいいからひいてもらいたかったです。

私は普通に地元公立の小・中学校を卒業し、高校は進学校に通学。

正直、日本の大学入学まで、ほとんど真剣に勉強していませんでした。高校が進学校だったので、周りに流されて大学に入った感じです。

高校の担任にも、「おまえが合格するとは思わなかった」といわれる始末。

結果、大学になじめずに中退、カナダにワーホリで移住⇒カナダの大学入学。

 

なんだかんだでアメリカ移住し、大手監査法人で働いていたときの日本人の同僚は、ほとんどが中学受験経験者かインターあがりでした。

地頭に差がなくても、小さい頃からの勉強で培ってきた英語文法力や記述力には差を感じ、苦労しました。小さい頃からコツコツと勉強することの大事さを身をもって体験したわけです。

自分が小さいときに、親から勉強の大切さを教わったり、親が勉強の習慣づけをして欲しかったです。

私は、中学受験なんて存在も知らなかったし、塾にも一度も行ったことがなかった。

完全なほったらかしです。自由放任ともいいますが。

おかげで、自分で考えて行動する習慣は身につきました。

もちろん、親には感謝しています。実家は貧乏だったので、共働きで生活費を稼ぐのに精一杯で、子どもの勉強のことまでは手が回らなかったのも、理解できますし。

両親がお金を稼いでくれたおかげで、カナダの大学に通うこともできました。

 

子どものために人生のレールを敷く

私は親に一切レールをしかれたことはありません。

両親は全く教育熱心ではありませんでした。

その反動で、自分の6歳の娘にはしっかりした教育を受けさせたいと、いろいろと頑張っています。自分の親が反面教師ですね。

親がレールをある程度ひいてあげるのは、悪いことじゃないと思うんですよね。子どもの判断力なんてたかが知れているし、知識や経験も少ないですから。

 

レールはある程度親がひいてあげて、分岐点をいくつか用意してあげる。

+レールは1本じゃなくて、となりに何本もの違うレールが走っていることを子どもに教えてあげればよいと思います。

そうすれば、1つのレールで苦しくなっても、隣のレールに飛び移れますから。

 

私なんか、いくつものレールを飛び移りすぎて、親にも「なんでこんな風に育ったのか謎だ!」と言われてますから。

でも、レールを変更しても良いと気づくと、気が楽になるかと思います。

最終的な目的地にたどり着ければ、どのレールを走っても良いわけですから。

人生には何本ものレールがあって、レールを変更しても良いとのアイデアは為末大さんの諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃないで知りました。

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない
プレジデント社 (2013-06-06)
売り上げランキング: 53

 

この記事が役に立った、おもしろいと思ったら、下のFacebookやTwitterのボタンを押してくださいね!記事を書く励みになります。

おすすめ記事
リオオリンピックに思うGrit(やり抜く力)と諦める力

関連記事

-Home, その他, バイリンガル子育て, プロフィール
-, , , ,