Home アメリカ生活

アメリカ/カナダ駐在・留学に日本から持っていくと役立つものベスト10 Part 2

2017/03/09

USA-National-Flag

前回の記事に続き、アメリカ/カナダ駐在・留学に日本から持っていくべき物の紹介です。

前回の記事はこちら
「アメリカ/カナダ駐在・留学に日本から持っていくと役立つものベスト10  Part1」

それではさっそく第6位からです。

 

#6 フリーズドライのスープ

アメリカ・カナダの東海岸や中西部(ニューヨーク、シカゴ、ボストン、インディアナポリス、シンシナティ、トロント、オタワなど)は冬が非常に寒いです。そして寒いからか、無性にあたたかい卵スープとかわかめスープなどが飲みたくなります。

特に、カナダの大学生時代は両親に頼んで、日本から送ってもらっていました(1回につき、30個くらい)。今でもたまに、娘の本などと一緒に、日本から送ってもらっています。

アメリカやカナダ各地への出張の際にも、これらフリーズドライのスープがあると、胃がみたされるだけでなく、心も体もホッとしますよ。私はいつもホテルのコーヒーメーカーでお湯を沸かして、コップに入れて飲んでいます。

ぜひ、日本から持っていくことをおすすめします。

 

クノール ふんわりたまごスープ 6.8g 5食
味の素
売り上げランキング: 1,722

 

 

#7. 菜箸(さいばし)

アメリカでは菜箸(さいばし)がなかなか手に入りません。日本から持っていくことをおススメします。一般的にアメリカは食の意識が低いので、調理器具は日本やカナダほど充実していないのが現状です。

カナダ(トロント)はKitchen Stuffに行けば、必要な調理器具はなんでもそろいます。私はどうしても、納得のいくフライパンが欲しくて、カナダに旅行に行ったときにKitchen Stuffでフライパンを買って、アメリカのシカゴに持ち帰ったことがあります。

 

パンダ ラボ 菜箸 A-76271

パンダ ラボ 菜箸 A-76271

posted with amazlet at 17.02.01
アーネスト
売り上げランキング: 1,174

 

 

#8. 炊飯器

アメリカでもミツワなどの日系スーパーマーケットやH-Martなど韓国系のお店で、炊飯器を購入できますが、日本より割高ですし、種類もとても少ないです。日本から持ってくるのをおススメします。

我が家は次回日本に一時帰国したときに、下記の炊飯器を購入する予定です。

象印 IH炊飯器 極め炊き 5.5合 ブラウン NP-VN10-TA
象印(ZOJIRUSHI) (2015-07-21)
売り上げランキング: 41

 

 

#9. 日本の歯ブラシ

アメリカやカナダは日本よりも歯ブラシのブラシ/ヘッド部分が馬鹿でかいです。そしてブラシも硬いので、日本からある程度まとまった数の“日本の歯ブラシ“を持っていくことをおススメします。

日本の歯ブラシの方が圧倒的に品質が良いですね。それに、お子さんがいる家庭だと、子供が質の良くない歯ブラシをずっと使っていると、虫歯のリスクも高まるかもしれません・・・

海外暮らしの長い、私の妻はいまだに日本製の歯ブラシを使っています。

アメリカやカナダのは大きすぎて、彼女の口にはサイズが合わないようです。

補足:
アメリカではミツワなどの日系スーパーマーケットで、日本の歯ブラシを購入できますが、値段がけっこうな割高になります。そんなにかさばるものでもないので、スーツケースに入れて、日本から持ってくることをおススメします。

 

 

#10. コンタクトレンズ

アメリカは医療費が死ぬほど高いです。コンタクトレンズを買うのに眼科で処方箋が必要で、目の保険に入っていないと、けっこうな医療費を請求されます。
*日本と違い、普通の医療保険では目と歯はカバーされません。カバーしたければ、別途、目と歯の保険に加入する必要があります。

アメリカ医療保険についてはこちらの記事を読んでください。
医療費で家庭が破産? アメリカ高額医療費 絶対にしてはいけないこと!

「アメリカに住んでおどろいたこと。Why American People? と叫ぶ日々!-Part 1アメリカ高額医療費編」

「アメリカに住んでおどろいたこと。Why American People?と叫ぶ日々!-Part 2医療費なんか払わない?」

アメリカの目の保険でカバーされれば、眼科の診察料は50ドルくらいです。コンタクトレンズ代が保険適用後で100ドルくらい、保険があれば総額150ドルほどなので、日本より割安で買えます。

ただし、渡米後、いきなり英語で眼科の検診を受けるのは、けっこうハードルが高いので、1年分くらいは、日本からコンタクトレンズを持っていったほうが安心ですよ。

ワンデー アキュビュー トゥルーアイ 【BC】9.0【PWR】-2.25 90枚入
ジョンソン・エンド・ジョンソン
売り上げランキング: 9,768

 

 

番外編

ピアノ/電子ピアノ

アメリカはピアノを日本やヨーロッパから輸入しているせいか、ピアノ・電子ピアノの値段が高いです。ヤマハやローランドなどメジャーブランドで日本の2倍の値段がします。日本で15万円のものが、こちらでは30万円もします。カナダも同様かと思います。

駐在で赴任するのであれば、会社が引っ越し費用をだしてくれるでしょうから、お子様にピアノを習われる予定であれば、日本で購入してアメリカ/カナダに送るのを強くおススメします。

ちなみに私達が購入したのはこういう感じのピアノです。アメリカで購入したので、かなり痛い出費でした。

 

以上、アメリカ/カナダ駐在・留学に日本から持っていくと役立つものベスト10  Part2でした。

この記事が役に立った、おもしろいと思ったら、下のFacebookやTwitterのボタンを押してくださいね!記事を書く励みになります。

おすすめ記事はこちら。
アメリカ/カナダ駐在・留学に日本から持っていくと役立つものベスト10 Part1

アメリカの暮らしかた。初めてのアメリカ生活で知っておくべき5つのこと

アメリカの暮らしかたPart2。アメリカ駐在・留学に役立つ7冊の本!

関連記事

-Home, アメリカ生活
-, , , , , , , , ,