Home アメリカ学校/教育 バイリンガル子育て 絵本/本(英語) 英語子育て

最近読んだ英語絵本

2016/11/23

前回の記事では、アメリカ小学校で毎日宿題にでる、本読み(Reading)の宿題をきちんと続ける方法を紹介しました。

前回の記事はこちら→アメリカ小学校 本読み(Reading)の宿題を毎日続ける方法

今日は最近娘に読んだ絵本を紹介しますね。今回紹介する絵本のおすすめ年齢は3-8歳くらいです。

#1.Henry's 100 Days of Kindergarten
アメリカの低学年の子供たちに人気のあるHenryのシリーズ本。Henryシリーズは学校に通う子供たちの不安な気持ちに寄り添ってくれる本が多いので、よく読んであげるようにしています。

Henry's 100 Days of Kindergartenは、Henryが初めて学校(キンダーガーデン)に通うことになり、不安になるようすから、徐々に先生や学校、友達に慣れていく様子を描いています。Show and tellなどキンダーガーデンの最初の100日で何をするかも描かれています。

キンダーガーデンに通う予定のお子さんや、キンダーガーデンに通っているお子さんがいらっしゃる方におすすめの絵本です。お子さんの学校への不安を和らげてくれる絵本ですよ。


#2.Alphabet rescue

かわいらしいカラフルな絵とアルファベットが出てくる絵本です。
絵本を読むだけでアルファベットのお勉強ができてしまうので、アルファベットを学ばせたいお子さんがいらっしゃる方におすすめの絵本です。私達は娘が3歳のころからこの本を読み聞かせしています。

小文字のアルファベットが旅にでる冒険もののお話で、ストーリもキュートで心が温まります。アルファベットたちが夏休みに自分たちの故郷に帰ると、古ぼけた消防車を発見。直してドライブしていると、彼らの生まれ故郷であるアルファベット工場が火事になっています。火事から仲間のアルファベットたちを救うために、奮闘するといったお話です。

アメリカ絵本のベストセラーで、シリーズで計3冊出版されています。他の2冊は、Alphabet MysteryとAlphabet Adventureです。ちなみに我が家は3冊全部買いそろえました。絵がとてもかわいいのとストーリが良くできているのはもちろん、アルファベットを探すゲームを子供と一緒に出来るので気に入ってます。ウォーリーを探せやI SPYのように、アルファベットを探すんです。知育になるし、単純に楽しいです。楽勉ってやつですね! 子供が通う小学校(キンダーガーデン)にもこの本がありました。

IMG_3229

 

#3.My First Soccer Game
サッカーが好きな娘のために、最近よく読んであげている絵本。絵ではなく写真をいっぱい使っていて、本の中の子供と一緒にサッカーレッスンを受けている気分になれます。

準備運動からドリブルやシュートなど基礎的なことをすごくシンプルな英語とかわいらしいちびっ子の写真で紹介してくれます。サッカー好きなお子さんや、息子や娘にサッカーに興味を持たせたい方におすすめの絵本です。



以上、最近読んだお気に入りの絵本たちでした。

皆さんお役に少しでも立てばうれしいです。

この前、子供にきちんと宿題をやらせる方法についても書きましたので、そちらも参考にしてください。
こちら→Back to Schoolアメリカの夏休みは今週で終わり!-子どもにちゃんと宿題をさせる方法とは-

この記事が役に立った、おもしろいと思ったら、下のFacebookやTwitterのボタンを押してくださいね!記事を書く励みになります。

絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら

関連記事

-Home, アメリカ学校/教育, バイリンガル子育て, 絵本/本(英語), 英語子育て
-, , , , , , , , , , , , , , , ,