Home アメリカ生活 バイリンガル子育て 子供遊び場/アクティビティー 絵本/本(英語)

ロシアへのパスポート チャイコフスキーとアメリカとロシアンミュージック

2016/11/23

Passport to Russia

Passport to Russiaとはなかなか刺激的な題名。

これ、我が家が毎月、5歳の娘と一緒に行っている、図書館の無料クラシックコンサートの前回の題名です。まあ、Passport to Russian Classical Musicというのが、より正確ですね。

コンサートでも、演奏者の方が同じことを言ってました。

毎回、約1時間のコンサートなんですが、クラシックに詳しくない人でも楽しめるように曲の間に、いろいろと解説をしてくれます。

これが、またジョークをまじえてなので楽しい!

日本のクラシックコンサートで言うと、 高嶋ちさ子さんのコンサートに近いのかな?

今回はロシアクラシック音楽だったので、演目はチャイコフスキー(Tchaikovsky)ラフマニノフ(Rachmaninoff)ストラヴィンスキー(Stravinsky)、そしてムソルグスキー(Mussorgsky)

ん、ちょっとまって。ムソルグスキーって誰??

他の3人は知っているけど、ムソルグスキーは誰だから分からない・・・

さっそくGoogleで検索。すると見覚えのある顔が出現!
mussorgsky

林修の「今でしょ講座」で葉加瀬太郎がこの人を解説をしていたのを思い出しました。

この人、およそ作曲家から程遠いイメージの顔だったのでよく覚えています。「展覧会の絵」の人だ!

日本では「開運!なんでも鑑定団」のテーマ曲として使われていたな~

 

コンサート自体はいつも通り、とても楽しかったです。

今回はNYのカーネギー・ホールで演奏経験もある女性ピアニストが弾いてくださり、とても情感溢れる演奏でした。

帰り際にはいつも来ている白人おばあちゃんグループに、娘が声をかけられ「しっかりと1時間も聞けるなんてエライわね~」なんて褒められていました。

スポーツだけでなく、音楽も国境を越えますね!

チャイコフスキー、ラフマニノフ、ストラヴィンスキー、そしてムソルグスキーとそれぞれの曲を聴きました。

どれも良かったけど、素人の私はやっぱりチャイコフスキーが好きです。華があるっていうんですかね。

チャイコフスキーは「くるみ割り人形」が有名ですけど、他にもいっぱい良い曲がありますね。

帰り道は、チャイコフスキーのCDブックTchaikovsky Discovers Americaを車で聞きながら家に帰りました。

Tchaikovsky Discovers America

Tchaikovsky Discovers America

posted with amazlet at 16.11.18
CLASSICAL KIDS
Alliance (1993-09-14)
Best Sellers Rank: 9,368

 

チャイコフスキーがロシアからアメリカ ニューヨークに行って、コンサートをしたときのお話です。

ロシアからの移民家族も登場し、アメリカで生きる移民の心情なども描写されていて、とてもお気に入りのクラシックCDブックです。

子供向けですが、大人が聞いても楽しいですよ!

チャイコフスキーの名曲もたくさん入っています。Amazonで視聴もできますよ~

この記事が役に立った、おもしろいと思ったら、下のFacebookやTwitterのボタンを押してくださいね!記事を書く励みになります。

関連記事

-Home, アメリカ生活, バイリンガル子育て, 子供遊び場/アクティビティー, 絵本/本(英語)
-, , , , , , , , , , ,