Home アメリカ生活

キッチンディスポーザーが詰まって水が逆流してきた話

反逆のキッチンディスポーザー

夕飯を食べ終え、子供の本読み&寝かしつけも終わり、やっとリラックスできると思った瞬間に、妻から衝撃の一言が降ってきました。家のキッチンキッチンディスポーザー(Kitchen disposer)が故障/詰まったらしい・・・

いつもどおりに料理して、洗いものをしたあとに小さい生ゴミをキッチンディスポーザーに押し込み、軽く水を流しながらキッチンディスポーザーのスイッチをONにしたら、水が流れていかない=排水しなくなったと言うではありませんか!

妻が「あれ???」と思い、よく見たら水が逆流していることも判明。
何度スイッチをONにしても、キッチンディスポーザーが溜まった水をかき回すだけで、
少しも排水する様子がありません。

とうとうやってしまいました。
どうやらキッチンディスポーザーが詰まってしまったらしい・・・(泣)

去年まではタウンハウス(town house)をレントしていたので、何か壊れたら大家に電話をして直してもらうことができました。しかし、今は持ち家なので自分達で修理しなければいけない・・・

自慢になりませんが、私は手が想像を絶するほど不器用なので、こういったハンディマン的な仕事は大の苦手です。妻は手先が器用なので、大体こういった修理は我が家では妻が担当しています。私は修理の仕方や業者を呼んだ場合の費用などの情報収集係。情報収集は大得意なので。

 

まずは現在の状況を確認。

  • キッチンディスポーザーのスイッチはONになり、きちんと刃が動く
  • 排水はしていない
  • キッチンディスポーザーの先につながっている配水管パイプから水が逆流する。

この3つのポイントから、キッチンディスポーザーは壊れていないはず。
すると、配水管が詰まった可能性が大。

うーん、どうしたら良いのかさっぱりわからない。とりあえずネットで検索したら、キッチンシンクの下の配水管は簡単に取り外しが出来ることが判明。
*我が家のシンクはアメリカの家庭で一般的なシンクが2つに仕切られているタイプです。
一つのシンクはキッチンディスポーザーに、もう一つはキッチンディスポーザーに関係なく
水がそのまま排水される仕組みになっています。

この時点で夜中だったので、いったんあきらめて就寝。私は翌日も仕事なので、次の日に妻が日中にキッチンシンク下の配水管を外して詰まりを取り除くことに。

 

助っ人おじさん登場

午後に妻から結果報告の電話。どうやら隣の家のおじさんにも来てもらって、一緒にキッチンシンク下の配水管を外し、チェックしたもよう。隣の家のおじさんは既に仕事をリタイアしているので、昼間に何かあったときにはいろいろと助けに来てくれる。これは本当にありがたいです。

このエリアに引っ越して思ったのが、ここら辺は日本の昭和時代的近所づきあいが、いまだにあること。20~30年くらいみんな住んでいるので、ほとんどの人が顔なじみ。旅行の時なんかは、隣の家の住人が芝刈りをしてあげたりよくしています。

なんか「ALWAYS 三丁目の夕日」みたいなイメージといったら伝わりますでしょうか?

  

 

話がそれてしまいました。

妻からの電話内容とキッチンキッチンディスポーザーの配水管詰まりが直ったかどうかは、明日のブログで報告します

関連記事

-Home, アメリカ生活
-, , , , , , , , , , ,