Home アメリカ生活 絵本/本(日本語) 絵本/本(英語)

中田歴史塾 最悪の独裁者 アドルフ・ヒトラーに学ぶヤバイやつの見分け方!ドナルド・トランプはヤバイやつ!?

2017/02/26

アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)は落ちこぼれだった

アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)と言えば、アウシュヴィッツ強制収容所(Auschwitz Birkenau German Nazi Concentration and Extermination Camp)でのユダヤ人虐殺を始め、第2次世界大戦(World War II)を引き起こした、史上最悪の独裁者として有名です。
ユダヤ人500万人以上を虐殺したと言われています。

しかし実は、ヒトラーは落ちこぼれでした。
*私もTV で中田歴史塾を見るまで知らなかったです・・・

高校生の時に成績が悪くて学校を退学になり、芸術が好きだったので美大を受験するも不合格。浪人して再挑戦するも、またもや不合格。

そして、20代前半にしてついにホームレスになってしまいます!
えっ? あのアドルフ・ヒトラーがホームレス?!
ここまでは、完全に負け組の人生です。

そんな人間がなぜドイツの最高権力者になれたのか?
不思議ですよね?

簡単にざっくり言うと、演説と嘘をつくのが抜群に上手だったからです。

演説と嘘が上手?
誰かに似ていませんか?
そう、あのアメリカ共和党大統領候補ドナルド・トランプ(Donald Trump)です。

ヒトラーとトランプの共通点を見ていきましょう。

donald-trump-and-adolf-hitler

TOEIC(R)テスト600点攻略プログラム

 

ヒトラーとトランプの共通点

ヒトラーとトランプの共通点は、彼らが演説とプレゼンテーションの天才だということです。
「悪魔の話術テクニック」と「必殺のストーリー構成」を使い、国民を熱狂の渦に引き込んでいきます。彼らが言うと、ウソも真実に聞こえるから不思議です!

 

悪魔の話術テクニック

アドルフ・ヒトラーは素晴らしい話術をもっていました。
「悪魔の話術テクニック」を使い、地聴衆を虜にしていきます。

悪魔の話術テクニックがこちら

  1. 沈黙を作ってから話し始める
  2. 簡単な言葉しか使わない
  3. 同じフレーズを繰り返す
  4. 夕方の時間帯に演説する

これ、1-3は完全にドナルド・トランプにも当てはまりますね。
演説で派手で分かりやすいポーズをして、聴衆をあおるところなんかも、そっくりです。

donald-trumpadolf-hitler-4

 

必殺のストーリー構成

1.危機

ヒトラー
戦争に負けてドイツ経済・社会はボロボロだ!

トランプ
グローバル化のせいでアメリカ経済・社会はボロボロだ!

 

2.新しい目標

ヒトラー
ドイツを再び偉大な国に!

トランプ
アメリカを再び偉大な国に!

 

3.新しい敵

ヒトラー
ユダヤ人

トランプ
イスラム教徒&メキシコ人

 

4.必殺のキャッチフレーズ

ヒトラー
ハイル・ヒトラー

トランプ
おまえはクビだ!(リアリティTVシリーズ Apprenticeより)
Apprentice(アパランティス)はアメリカを始め、世界中で流行ったドナルド・トランプのリアリティ番組です。

アメリカ中から優秀なビジネスマンを集めて、2チームに分けて、毎週ビジネスプロジェクトで競わせる番組。毎週1人が「おまえはクビだ!」とトランプに言われて脱落し、最後に残った人が、トランプのもとで社長見習いとして1年働くことが出来るというもの。

カナダで大学生だった私も、よく見ていましたよ。

先週、アパランティス収録中の女性スタッフや、出演者に対するトランプのセクハラを、アメリカの新聞に暴露されて、話題になりましたね。

でも、TV番組としては良くできた、おもしろい番組だと思います。
実際に、世界中の英語圏の国で、流行りましたしね。
The Apprentice - The Complete First Season

 

Trump Revealed: An American Journey of Ambition, Ego, Money, and Power

こちらは今年発売された、トランプの人となりが分かる本。
ワシントンポスト記者により綿密に取材された本です。

日本語版も今月(10月11日2016年)に発売になりました。

まあ、4.必殺のキャッチフレーズ「おまえはクビだ!」のくだりはジョークです(笑)
トランプの政治的なキャッチフレーズは「アメリカを再び偉大な国に!」が今のところ一番有名ですかね。

 

教訓

“演説力は暴力や財力以上に人を動かす力がある”
出典:しくじり先生 中田歴史塾

良い例: バラク・オバマ、マーティン・キング牧師、ガンジー
悪い例:アドルフ・ヒトラー、ムッソリーニ(イタリアの第2次世界大戦時の独裁者)、スターリン、ドナルド・トランプ?

帰ってきたヒトラー 上下合本版 (河出文庫)

 

アメリカ大統領選が近づいてきています。10月19日(水)に最後の大統領候補公開TV討論があります。11月8日には、選挙権を持っている人たちは必ず選挙に行って、冷静な判断をして欲しいですね。

アメリカに住んでいる日本人だけでなく、日本にも多大な影響を及ぼす、アメリカ大統領。

ヒラリー・クリントン(Hillary Clintonドナルド・トランプ(Donald Trump)、どちらが勝つかによって歴史が動く、重大な分岐点がきています。

困難な選択 (上)

 

この記事が役に立った、おもしろいと思ったら、下のFacebookTwitterのボタンを押してくださいね!記事を書く励みになります



関連記事

-Home, アメリカ生活, 絵本/本(日本語), 絵本/本(英語)
-, , , , , , ,