Home バイリンガル子育て 絵本/本(日本語) 習い事 英語子育て

サッカー冬クラス蹴り納め かんたんに子供の足を速くするコツ!

ミニゲームでドリブル勝率100%

img_4348

先週末で、冬季サッカークラス第1期は終了。

5-6歳の子供のクラスも、だいぶサッカーらしい動きができるようになってきました。

試合中みんながチームメートにパスをできるようになったのは進歩。

6歳になった娘は、夏に比べるとドリブルがかなり上達。

1対1のミニゲームでは、勝率ほぼ100%でした。娘は同じサッカークラスの男の子に、ドリブルのコツを聞かれたらしく、「A君にドリブルの仕方を教えてあげたんだよ!」とうれしそう。

家で私と練習した成果がでて、私もうれしい!

img_4286

 

家の中でもソフトサッカーボールを使って、ドリブルしたりして遊んでます。

このボール、本当は飾る用なんだけど、娘が2歳の頃から蹴って遊んでます。

なので、けっこうボロボロになってきた。

img_4357

 

それにしても、好きなことを通して、学校外のお友達ができるってうらやましいな~。

自分が子供のときは、親が共働きだったこともあり、学校外の友達なんて想像出来なかった・・・

 

娘はサッカーを習い始めてから、どんどん積極性がでてきました。

1年前は見慣れない大人に話しかけられると、シャイですぐに黙ってしまっていましたが、今では自分から積極的にコーチやボランティアのお兄さんに話しかけています!

だんだんとアメリカ人的なジェスチャーが増えてきたのが気になりますが…
英語と一緒にアメリカ文化も吸収しています。

soccer-with-big-sister

 

お姉さんと一緒に1対1のドリブル練習中。
soccer-with-big-sister2


 

サッカー今後の課題

娘はドリブルで相手を抜くことは得意になってきましたが、1対1ではなく、試合で4対4などになると、まだまだ相手を2、3人と抜くことはできません。

1人ドリブルでかわす間に、敵に囲まれちゃうんですよね・・・

本当に上手な子供は2-3人に囲まれても、ドリブルで抜いていけますから。

5-6歳の子供たちなので、ボールに全員が寄っていってしまうのも理由ですが、私が思うにフィジカル、単純に走力が足りないのも理由かと。

半分が1学年上の子供なので、当然かもしれませんが、ヨーイドンで走ると娘は走り負けてしまいます。走り方もバタバタと足をバタつかせているので、効率が悪いし、力を上手く足に伝えられていない!

 

そこで、DVD付き 為末式かけっこメソッド 子どもの足を速くする!をAmazonで購入。

走り方の改善に一緒に取り組むことにしました。

まだ3回くらいしか一緒に見ていませんが、とても理論的かつ小学校低学年の子供でもイメージがしやすいようにDVDが作られていて、とても助かっています。

さすが元オリンピック選手!

娘は毎回DVDを見るたびに、TVの前で一緒に飛んだり、跳ねたり楽しそうにトレーニングをしています(笑)

DVD付き 為末式かけっこメソッド 子どもの足を速くする!
為末 大
扶桑社
売り上げランキング: 18,864

 

なわとびが走り方の改善に効果的なようなので、今度買おうと思います。

今後もこのまま娘がスポーツ好きになってくれると良いな~。

でも、試合に負けると、機嫌が悪くなるのはなんとかしたい・・・

娘は6歳にして、すでに超負けず嫌い! 私とカードゲームをしても、負けると泣いて悔しがります。

スポーツやピアノなど、負けず嫌いは上達に必要な要素だけど、負けから学ぶこともあることを理解して欲しい。

娘も私も日々勉強ですね。

この記事が役に立った、おもしろいと思ったら、下のFacebookやTwitterのボタンを押してくださいね!記事を書く励みになります。

関連記事

-Home, バイリンガル子育て, 絵本/本(日本語), 習い事, 英語子育て
-, , , , , , , , ,